当社製品のご案内

VEDA

VEDA(ヴェーダ)は、Microsoft Visioを利用した施設管理システムです。

 VEDA(Visio Extension of Database Assist)は、Visioで管理している設備管理図面とデータベースを一元管理することで、 図面からデータベース、データベースから図面の参照を容易に行うことができ、マネジメント作業の効率化が図れる製品です。

VEDAの特徴

  • データベースの定義は自由に可能
  • 図形とデータベースの連携は簡単な操作で可能
  • データベースから複数図面に点在する設備を検索可能
  • 汎用的なデータ出力(Excel形式のデータ出力)
本製品を活用していただき、施設管理の効率化にお役立てください。


特徴1)簡単にカスタマイズ可能なデータ構造
 施設管理のためのデータ構造は、利用者や管理目的により内容が異なるため、画一的なデータベースでは不向きです。 本システムでは、標準的なデータベース提供のほか、データテーブルの定義や項目およびその表示名・表示順など、 利用者のニーズに応じた調整が可能ですので、あらゆる施設管理に対応できます。

特徴2)図面ファイルを意識しない横断的な管理
 図面上に配置した図形とVEDAデータベースの紐付け作業は、ドラッグ&ドロップするだけの簡単操作ですので、作業負担が大幅に軽減されます。 紐付けした図形はVEDAデータベースからの検索が可能になり、図面ファイルを意識せずにデータベースからの横断的な検索ができます。  また、紐付けルール(重複設定の制御・紐付け後の図形塗りわけなど)の調整が可能ですので、作業ミスの低減や作業状況の把握に効果があります。

特徴3)汎用的なデータ入出力
 VEDAデータベースの管理データを Excel 形式のファイルとして出力しますので、Excel で、編集・加工を行いレポートを作成して頂きます。
標準的なレポートが必要な場合は、利用者のニーズに合わせたカスタムレポートとして対応する事も可能(有償)です。
また、本システムで管理されているVEDAデータベースは、全てMicrosoft Office Excel形式で入出力が可能ですので、 登録したデータを Excel ファイルへ出力し、Excel にてデータを一括編集した後で、再度本システムへ取り込むことが可能ですので、データ保守が効率よく行えます。

特徴4)Facility Managementへ特化した製品もラインナップ
 VEDAをカスタマイズした製品として FM ToolsⅡ(エフエムツールズ)も提供しています。
 FM ToolsⅡは、ファシリティマネジメントに必要な各種レポートを出力する機能が実装されています。

 FM ToolsⅡについては、こちら

特徴5)棚卸管理ツールとの連携
 弊社の棚卸管理ツールとの連携も可能です。
  ただし、別途カスタマイズが必要です。

 棚卸管理ツールについては、こちら


VEDA ライセンス費
■1ライセンス\200,000- (税別)
※)複数ライセンスの導入は、別途ボリュームディスカウントをご用意しております。
初期導入費
別途お問い合わせください。

主な作業内容
 1)現場調査および既存図面の整備
 2)管理データの定義
 3)システムセットアップ
 4)操作説明および運用レクチャー
※その他、ご要望に応じて対応致します。
保守サポート費
別途お問い合わせください。


システム
環境
●動作OS
 Windows 10
 Windows 8.1
 Windows 7(SP1以上)

●必須アプリケーション
 ・Microsoft Visio 2016 (全Edition) または
  Microsoft Visio 2013 (全Edition)
 ・Microsoft Office Excel 2016 / 2013

●データベース
 ・Microsoft SQL Server 2014
(※1 最新のService Packを適用してご利用ください。)

●必須コンポーネント
 Microsoft .NET Framework 3.5 SP1以上
(※2 .NET Frameworkは、Microsoft Windows Updateからダウンロード可能です。)