当社製品のご案内

Floor Planner

【TablePlannerAGをご利用中のお客様へ】
「Floor Planner」が2013/8/1より販売開始されました。

お客様がご利用中の「TablePlannerAG」は引き続きご利用頂けますが、PC入替えなどの理由により動作環境が変わる等、状況によっては「Floor Planner」への移行が必要となる場合がございますので、販売代理店または弊社までお問い合わせください。

Floor Planner について

本製品は、既に多くのお客様からご利用いただいておりましたテーブルプラン作成の標準ツール「TablePlannerAG」の後継となる製品です。

生き残りをかけた競争が激化する中、宴会場、会議室、ホールを有する施設様におきましては、美しく正確なテーブルプランを短時間で作成できることは、業務の効率化と顧客満足度の向上に直結します。ぜひ、この機会に導入をご検討いただきますことをお勧めいたします。

Floor Planner の特徴

本製品の特徴は、

  • プラットフォームにMicrosoft Visio を採用
  • 業界標準ツールとして認知されている導入実績
  • すぐに使える豊富な備品類
  • 備品のサイズ調整はワンタッチ
  • 容易なカスタマイズ性
  • 現場の声を生かした機能群
  • 正確なレイアウト
  • 写真やイラストの取込も自由自在
  • 宴会システムとの連携が可能
  • Microsoft Office との優れた親和性
  • メール添付での提案が可能
  • チーム内での情報共有

などが挙げられます。

現行製品と旧製品の機能比較ページはこちらです。

システム要件(動作環境)

本製品をご利用いただくには、[アプリケーション]に記載されているバージョンのVisioが別途必要です。

プロセッサ オペレーティングシステムおよびMicrosoft Visio のシステム要件に依存

※)Visioのシステム要件は、マイクロソフト社の情報をご参照ください
メモリ 512 MB 以上の RAM
( 1 GB 以上を推奨)
ディスプレイ 1024 x 768 以上の解像度のモニタ
ハードディスク
 (空き容量)
30MB以上(インストール時、Visio除く)
ドライブ CD-ROM または DVD ドライブ
オペレーティング
システム
Microsoft Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista

※)最新のSP(Service Pack)を適用してご利用ください。
アプリケーション Microsoft Visio 2016 (64/32ビット)、Visio 2013 (64/32ビット)、Visio 2010 (32ビット)、Visio 2007 (32ビット)

※)Visio 2016 (64ビット)、2013 (64ビット) は、Floor Planner バージョン1.1.1以上が必要です。
※)最新のSP(Service Pack)を適用してご利用ください。
※)Visio各バージョンの動作要件については、マイクロソフト社の製品ページをご参照ください。
その他 下記ランタイムが必要
・.NET Framework 3.5 (SP1 以上)

※)最新のSP(Service Pack)を適用してご利用ください。