当社活用事例のご紹介

技術提携 物流システムでアジアパシフィックのマーケットをリードする株式会社フレームワークスと、Visio向け開発やSVGなど画像処理でユニークな技術を持つ株式会社マイスターの両社は「Logistics Station iWMS LEX」の新機能の開発に向けて技術提携いたしました。その成果が「VisualLocation」です。
株式会社
フレームワークス様
http://www.frame-wx.com/
「Logistics Station iWMS LEX」

■Logistics Station iWMS LEX VisualLocation

株式会社フレームワークスの「Logistics Station iWMS LEX」(以下「iWMS LEX」)は、倉庫、物流センターなどの在庫管理、ロケーション管理などを行なう優れた物流センター管理システムです。
このシステムをさらに使いやすくする目的で開発されたのが、「iWMS LEX VisualLocation」(以下「VisualLocation」)です。
VisualLocationは、その名のとおり倉庫の図面データの登録作業および照会機能の双方のビジュアル化を実現します。
この新機能の実現に、弊社のVisio&SVGに関する技術が採用されました。

■データ登録用フロントエンドとしてのVisio

VisualLocationは、Visioを採用することで iWMS LEXへのデータ登録をビジュアル化された状態で行なうことを可能とします。

Visioで表示された倉庫の平面図ドキュメント上にロケーション、ラックなどのシェイプをドラッグ&ドロップで配置、さらにロケーションコードなどの情報やゾーンの定義もVisio上で設定可能です。このようにして作成された図面の内容に基づいたデータを iWMS LEXのデータベースに登録することが出来ます。
ロケーションで配置した図面例
◆ロケーションを配置した図面例


ステンシル   ゾーン定義されたロケーション
◆専用ステンシル   ◆ゾーン定義されたロケーション
ページ上にドラッグ&ドロップで配置   赤い線で囲まれた部分がそれぞれ異なるゾーンとして定義されています
Visioからデータ登録時に、ロケーションなどの各情報とともにSVGデータが登録されます。

■Webブラウザで倉庫内のロケーションの位置を表示

VisualLocationでは、Webブラウザによる在庫などの照会結果を倉庫の平面図イメージで表示します。
この図面イメージはSVGを利用しており、従来の数値データのみの表示に比べて位置情報の把握が容易になります。
検索結果の該当ロケーションは視認性を高めるために点滅表示されます。
IWMALEX
◆Webブラウザから「在庫状況」および「引当状況」の照会が可能です


引当状況照会の例   引当状況照会の例状態の把握が容易
◆ 引当状況照会の例   ◆引当状況照会の例状態の把握が容易
    視認性を高めるために該当ロケーションが点滅表示します。
(※点滅はSVGのアニメーション機能を利用しています)