当社活用事例のご紹介

営業支援ツール グンゼ株式会社では、売り場の商品陳列棚用ツールとしてMicrosoft Office VisioとSQL Serverを連携させたシステム「棚わり君」をご活用頂いております。
グンゼ
株式会社
 棚割ツール
■「棚わり君」の導入

グンゼ株式会社ではリアルな棚割シミュレーション ツールの導入を検討していましたが、
Visioをベースとした当社の棚割ツールを採用して頂き、
グンゼ様のご要望を基にカスタマイズした営業支援ツール「棚わり君」を導入頂きました。

棚わり君 画面イメージ

棚割シミュレーションでVisioが採用される決め手となったのは、
ダブルフェイス(同じ場所に複数の商品を配置)に対応可能であるということでした。
これは当社のツールがお客様の要望により、自由にカスタマイズできることと、Visioに多種多様な機能があることにより実現できました。

棚わり君の特徴

自由に作成したビジュアルな棚割情報はそのままデータベースへ登録、一元管理しますので、もしVisioファイルを紛失しても簡単に復元できますし、人事異動時の引継ぎ作業も大幅に削減します。
また、個々の商品には販売計画に必要な詳細情報を設定でき、在庫予測や店舗実績管理等にも役立てています。

棚わり君 処理イメージ