当社活用事例のご紹介

Solution Visioドキュメントのファイルサイズ縮小をお手伝いします。
◆作業の流れでイメージを確認
◆用途に合わせた画質の調整
◆簡易な操作性の実装
◆ファイルサイズの圧縮
設備保全
ソリューション
 設 備 保 全
ここで紹介しているツールは、一つの提案でありパッケージとして提供可能な製品ではないことを予めご了承下さい。ソリューションのご提供には、SI(ヒアリングによるご要望の吸い上げ)が必要になりますので、何なりとお問い合せ下さい。
お問い合わせはこちらへ


設備保全ソリューションのご案内

設備保全の作業の一つとして保全日誌は、履歴管理や作業結果記録として必要な作業となっていますが、保全日誌に入力する データの言葉が統一されていないなどドキュメントが統一されていないことが多く、集計および分析のデータとして利用でき ない状況にあります。そのことにより、分析が進まず、同じミスを繰り返したり、類似の事象に対しても対応が統一できて いないという悪循環となります。 また、日々の記録をドキュメントして残す場合に、保全日誌へ写真データなどを添付する ことにより、ファイル容量が大きくなり、サーバ負荷が増し、容量不足などを招く事態となります。


こんな事でお困りの時は「Microsoft Office Visio」をご利用ください!

アドオンツールにより以下の機能を提供します。


保全日誌 画面イメージ
図1.保全日誌 画面イメージ




簡単な操作性の実装
データベースと連携し予め決められた“リストからの選択”など、簡易な操作性を実装することで、 言葉の統一はもちろん効率的 な入力が可能となります。
作業者は、日誌を作成するという行為を行うだけで、データベースへ情報が蓄積されます。
(日誌の作成と、データの入力という2つの操作は不要です)


作業者コードの選択

作業者コード選択後
図2.選択入力欄

データベースと連携したリストから作業者コードを選択すると、該当コードに対応した 作業者名が自動で入力され、効率的かつ正確な入力を行うことができます。
他項目も同様にリストからの選択入力を行うことで、記入ミスや担当者ごとの表現の差異をなくし、ドキュメントを統一化します。




データベース等を活用した集計・分析
保全日誌に入力されたデータをデータベースに保存することで、集計・分析が タイムリーにでき、同じようなミスの軽減や、 素早い対応が可能となります。

保全日誌メニュー
図3.保全日誌メニュー

カスタムメニューの「保全日誌」から「故障集計(Excel)へ加算」や「日誌DBへ登録」 をクリックするだけで、集計やデータベースへの保存が可能です。
故障集計(Excel)
図4.故障集計(Excel)

すばやく効果的な対応が可能に!




ファイルサイズの圧縮
日誌へ添付する状況写真のイメージサイズを圧縮して貼り付けることができる “写真の生成ツール”と併用する事により威力を発揮します。
このツールにより、保全日誌ファイルのサイズを圧縮してサーバ負荷を軽減することが可能です。
同じように見える2つの日誌ですが…

ファイルサイズには大きな差が!

デジタルカメラで撮影した写真(2272×1704ピクセル)3枚をそのまま使用した場合の 保全日誌ファイルは2MBほどになりますが、同一の写真を“写真の生成ツール”でサイズ「小」(50×38ピクセル) で出力して使用した場合、保全日誌ファイルのサイズを130KBほどにまで圧縮することができます。

※上記の例は必ず同様の結果をお約束するものではありませんので予めご了承下さい。
    (写真の圧縮前のファイルサイズ等、様々な条件により結果は異なります。)

お問い合わせはこちらへ