当社製品のご案内

SVGコンバータシリーズ

本製品は販売を終了いたしました。
また、サポートも終了いたしております。
本製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

弊社では、本製品の開発に関するノウハウを生かしたカスタマイズ開発を個別にお受けいたしております。お気軽にご相談ください。

機能概要 [for DXF版]

■変換手順

「変換手順は至ってシンプル」
1.SVGコンバータ for DXF のメインウィンドウに、SVGに変換したいDXFファイルを ドラッグ・アンド・ドロップします。または、SVGコンバータ for DXF の [ファイル(F)]メニューから[開く(O)...]をクリックして、[開く]ダイアログボックスで、 SVGに変換したいDXFファイルを指定します。
2.設定ウィンドウ(以下に表示)で、SVGに変換する各種設定を行ないます。
「変換手順は至ってシンプル」
「シンプルな設定ウィンドウ」
3.図面の縮尺を指定します。
(プルダウンリストから規定の縮尺を選択するか、直接縮尺率を入力できます)
4.図面の単位を設定します。
5.必要であれば、その他の設定をします。

「シンプルな設定ウィンドウ」

「設定をしたら、SVGへ変換!」
6.[SVG変換]ボタンをクリック!
7.作成されたSVGファイルをWebブラウザで表示・印刷できます。

■サポートしているDXFのオブジェクト

オブジェクト 意    味
ARC 円弧
CIRCLE
DIMENSION 寸法線
ELLIPSE 楕円
INSERT ブロック挿入
LEADER 引出線
LINE 線分
LWPOLYLINE ライトウェイトポリライン
MTEXT マルチテキスト
POLYLINE ポリライン
SOLID 2D 塗り潰し
TEXT 文字

■制限事項について

DXFファイルは各メーカーにより多種多様なフォーマットが存在するため、本ソフトウェアでは必ずしも全てのDXFファイルを変換できるとは限りませんので予めご了承ください。
本ソフトウェアは「Adobe SVG Viewer 日本語版」に対応しています。その他のバージョンおよび他社ビューアでは動作保証いたしません。
※なるべく最新のバージョンのものをご利用下さい。
本ソフトウェアはDXFファイルのモデル空間の図形にのみ対応します(ペーパー空間の図形には対応しません)。
本ソフトウェアは2次元図面(平面)にのみ対応します(3次元図面には対応しません)。
[POLYLINE]および[LWPOLYLINE]の幅は一定幅のみ対応します(開始幅と終了幅が異なる場合は対応しません)。
文字が記入されるような複雑な線種には対応しません。
色または線種が”BYBLOCK”の属性を持つ図形を含む多重ネストされたブロック図形は、色および線種がDXFおよびSVGで異なる場合があります。
[TEXT]および[MTEXT]は、フォントのサイズがCADソフトウェアで表示するものと異なる場合があります。
[MTEXT]は書式制御文字(\P、\U)に対応します。
[MTEXT]は描画方向、行間隔スタイル、行間隔係数には対応しません。
[MTEXT]は制御文字のない空白による改行への対応は完全ではありません。
[DIMENSION]の寸法値は書式制御文字(\P、\U)に対応します。
[DIMENSION]を含むブロック図形は[DIMENSION]の位置がずれて表示されます。
[LEADER]を含むブロック図形は[LEADER]の矢印の形状、サイズ、線種に対応しません(標準の矢印が表示されます)。
設定ウィンドウで精度(小数点以下の桁数)を減らすとSVGのファイルサイズが小さくなりますが、図形の表示精度に影響が出る場合があります。
SVG参照用のHTMLファイルからSVGを表示した場合、印刷時の寸法に若干のずれが生じます。
SVG参照用のHTMLファイルからSVGを表示した場合、印刷時に図面の上部に余白ができて1ページ分の印刷結果が2ページになる場合があります。
ご使用の環境によってはWebブラウザでSVGファイルを直接参照できない場合があります。その場合は、SVG参照用のHTMLファイルで表示してください。
インストール直後にアプリケーション本体と同じ場所に格納されている各種ファイルは、削除、移動(アプリケーション本体とは違う場所への移動)、同名のファイルによる上書きや置換えなどはしないで下さい。アプリケーションが正常に動作しなくなる原因になります。
※ただし、サンプル図面のフォルダは移動および削除してもアプリケーションの動作に影響はありません。

for DXFfor HPGLfor Visio