当社製品のご案内

Mapic2

機能概要

1.地図描画機能

■データ選択

地図描画機能 読込み設定の段階で各種データの選択ができるため目的を限定したマップ制作が可能です。

■表示

表示 表示するマップは各構成データごとのレイヤー管理となっているため表示・非表示設定が可能です。 ※左画面:国土地理院の数値地図25000(地図画像)『函館』を掲載

■編集

編集
Microsoft Office Visioに読込まれたデータは、ベクター形式に変換されていますので線幅はもちろん面としての着色や変形、移動も思いのままです。 ※左画面:国土地理院の数値地図2500(地図画像)『函館』を掲載
2.専用シェイプのマッピング機能
専用シェイプのマッピング機能
Mapicで作成した地図図面に対して、数値データに含まれる住所情報または、入力された住所を検索して該当する(地図上の座標)位置に専用シェイプ(グラフなど)をマッピングする機能です。
数値データには、総務省統計局が公開している統計データを利用することが可能となっています。

informationmark 対応している統計データについて
Mapic 2 は、下記の統計データに対応しております。
・平成12年国勢調査(人口)
・平成12年国勢調査(世帯)
・平成13年事業所・企業統計調査
上記いずれも総務省統計局がWebサイトで公開している(CSV形式)データに限られます。

exclamation 統計局から公開されている統計データをお使いになる際には、統計データの内容を理解した上でご利用下さい。