LandscapeManager

LandscapeManager と 旧製品(Zeusシリーズ)の機能比較表


記号:
=搭載機能
=強化/改良された機能

機能

V-Mapper

ParkManager

ParkManager Σ

LandscapeManager

特徴

複数図面の管理
複数図面とデータベースを一元管理
データベース
SQL Server 2014/2012 に対応
(Σ:独自エンジン)
管理対象
樹木
樹木
施設
樹木
施設
樹木の高木、低木、生垣、地被、特殊を区別して管理
シンボル
管理対象の種類が増えた場合でもデータベースと連携したシンボル表示にて対応
データの入力/編集
ExcelおよびVisioでのインターフェイス
座標連携
図形の位置座標だけでなく、引出テキスト位置座標もデータベース連携
絞り込み表示
絞り込み中の状態を識別
シンボル表示
シンボルの表示項目を自由に何種類でも追加登録が可能
ファイルリンク
Visioのスマートタグを利用
リスト表示
表示図形数の制限無し
帳票
元データを間接参照する形式の帳票ファイルを用意。 フォーマットを自由に整形して利用が可能
分割図面の取扱い
広大な敷地への対応
分割図面と全体図面での管理図形の相互利用が可能
操作性
機能の見直し(統廃合)により、操作性を向上